株で儲ける男性

現在、株に関する本は多数出版されています。実際株で儲けている人はどれだけいるのでしょうか?また逆に株で損をしてしまっている人達はどこで失敗してしまっているのでしょうか?その辺を掘り下げます。

レナウンとユニクロ株式会社として中国市場での期待

日本の株式会社では、中国市場を核にして企業成長を目指す動きが起こっています。その2つの株式会社としては、レナウンとユニクロが挙げられます。レナウンは日本での売り上げが低迷してきたために、中国企業の傘下に入って経営を再建することが実施されています。中国企業ではレナウンによって、ブランド価値を高める効果が期待できます。また、中国企業ではレナウンの商品を中国市場での販売を伸ばす計画を持っています。日本のブランドは高品質であるために中国の高級店での取り扱いを拡大させて、消費者の支持を集める努力が行われています。そうした中国での販路網をレナウンが手にすることで、経営を立て直す可能性が出てきています。次にユニクロでは独自に中国市場へ新規出店を増やすことによって、業績の拡大を図る動きが強まっています。中国では中流層が増えてきているために、アパレル産業にはチャンスが多いとユニクロでは考えています。中国でのユニクロのブランドの認知度は年々上がってきており、中国ではナンバー1のブランドとして評価を受けるほどになっています。そのように中国では事業環境が良い状況があることから、現在の年間あたりの新規出店数は100店舗といった大量出店を継続しています。その結果として、ユニクロでは国内の店舗数を海外の店舗数が上回る逆転現象が起こっています。今後は中国を中心とした海外での収益が、国内の収益を上回っていくことが予想されています。ユニクロは国内での売上げは横ばいになっていますが、中国などの海外の売上げを大きく拡大させることによって、全体の業績を伸ばすことができています。今後もユニクロでは海外展開を加速することで、アパレルメーカーで世界一を目指すことになっています。