株で儲ける男性

現在、株に関する本は多数出版されています。実際株で儲けている人はどれだけいるのでしょうか?また逆に株で損をしてしまっている人達はどこで失敗してしまっているのでしょうか?その辺を掘り下げます。

ソーラー発電関連企業株の闇

ソーラー発電に積極的に取り組み、メガソーラー施設を建設する企業も増えてきました。再生エネルギーは今後日本にとっても必要となってくるもので、拡大していくことは非常に歓迎するもので、関連する企業の株式へ投資することは利益を得ることに加えて企業を応援するという側面でも意義のあることです。

一方で、再生エネルギーの買取価格については、闇ともいえる部分がありました。再生エネルギーを拡大促進するために、買取価格をやや高い価格で設定されています。それは都度見直しがされるもので、年々買取価格は下がっていきます。

制度導入時期は、電力会社が接続決定した時点の価格が適用されていました。一方で、ソーラー発電などの設備は年々技術が向上してきており、導入コストも下がってきます。買い取り価格は、その時点の設備投資に必要な資金なども鑑みて設定されています。買い取り価格が下がってくるのは、導入コストが抑えられる環境になってきているという点もあります。

しかし、それを利用して接続決定された後、実際に接続せずに引き延ばすことで、より導入コストを抑えて高い買取価格の適用をもくろむ企業もありました。現在では見直されていますが、制度自体に抜け穴ともいうべきものがあったもの事実です。

自然エネルギーはこれから促進していくべきもので、関連する株への注目も上がっていくべきものです。そのためには政府のサポートも必要になりますが、悪用とまでは言わないものの本来の趣旨からずれる活用がされるような制度ではいけません。しっかりと公平に社会のために取り組むことを企業ができる環境を整えて、それに真剣に取り組む企業の株に多くの人が投資するような社会にして欲しいものです。